ジェイゾロフト50mg 1箱(合計30錠)

セルトラリンメジャー医薬品。安定期の維持におすすめの中用量です

  • ブランド:
    ファイザー
    (Pfizer)
  • 獲得ポイント: 92

  • 入荷状況: 在庫残りわずかです。お急ぎください。
  • 在庫数 : 50
  • ¥9,280


メーカー正規品のみの取り扱いを保障いたします


極端に低価格なコピー品にはご注意ください

ジェイゾロフト50mg 1箱(合計30錠) の商品詳細

ジェイゾロフトという名称は、ファイザー社の発売しているセルトラリンという成分の日本での商品名です。 このジェイゾロフトがメジャー(先発)医薬品になります。 ジェイゾロフトは25mg、50mg、100mgの3種類の用量で展開されています。 50mgという容量は、少なくとも1週間以上の定期的な25mg用量での服用を終えた後での服用開始を推奨されています。 セルトラリンは脳の内部でのセロトニンの濃度を高める事で、うつやうつ状態、パニック障害、PTSDの症状を改善します。 セロトニンは神経伝達物質と呼ばれる成分です。 脳神経は小さな神経細胞が連なる事で形造られていますが、その神経細胞と神経細胞の繋ぎ目の部分での信号の伝達を行なっているのが神経伝達物質です。 セロトニンやノルアドレナリンといったこの神経伝達物質の濃度が低く、信号の伝達がうまくなされない事がうつやうつ状態、パニック障害の発症と大きく関わっていると考えられています。 同じようなメカニズムで脳内のセロトニンの濃度を上昇させる薬には、パキシルやルボックス、レクサプロがあります。 ジェイソロフトは一日1回の服用でよいことが特徴です。 そのため服薬が億劫な方や一日に数回の服薬が難しい方にも適しています。 レクサプロに比べパニック症候群、PTSDにも適応があります。 またパキシルやルボックス、レクサプロと比べ、弱いものですがドパミンの濃度を上げる作用も持ちあわせています。 男性に比べるとやや女性に服用効果がよく現れる場合が多いとの報告もあるようです。 ジェイゾロフトの服用によるうつやうつ症状、パニック症候群への効果が現れるには、規則正しい服用を開始してから2週間程度の時間がかかる事が多いといわれています。 24歳以下の方の服用は推奨あまりされません。

使用方法

1日に1回、2分の1錠(25mg)を朝食後に1日1回服用します。 開始量は25mgを服用し、症状により1日最高100mgまで増量できます。 服用を急に止めると症状が悪化することがあります。ようすを見ながら少しずつ減らします。

※医師の指示に従ってご使用ください。

副作用

主な副作用として、吐き気、眠気、口渇、頭痛、下痢、めまい、発熱、発疹などが報告されています。

※副作用および使用上のご注意はここに記載の限りではありません。

有効成分

Sertraline(サートラリン)50mg

内容量

30錠

ブランド

ファイザー

効果効能

うつ病及びうつ状態、パニック障害 症状の程度によって、服用する量や期間が決まります。服用は必ず医師の指導のもとで行って下さい。

注意事項

<以下に1つでも該当する方は、決して服用なさらないで下さい(禁忌)。> 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者 モノアミン酸化酵素(MAO)阻害薬を投与中あるいは投与中止後14日間以内の方 ブチロフェノン系抗精神病薬のピモジド(商品名オーラップ)を投与中の方

レビューを書く

注意: HTMLタグは使用できません!
    悪い           良い



関連カテゴリ

関連キーワードで検索: ゾロフト, ジェイゾロフト, うつ病, 抗うつ剤, パニック障害, リタリン, 抗うつ薬, 非定型うつ, 非定型うつ病