テノベートクリーム 0.05% 30g

症状の悪化時に。最も強いグループのステロイド外用剤。

  • ¥3,718


メーカー正規品のみの取り扱いを保障いたします


極端に低価格なコピー品にはご注意ください

テノベートクリーム 0.05% 30g の商品詳細

テノベートクリームはクロベタゾールプロピオン酸という成分を0.05%の濃度で含む外用医薬品です。 国内ではデルモベート軟膏、デルモベートクリームとして、同じ濃度の医薬品が承認され使用されています。 こちらは3本セットの商品となっています。 テノベートクリームの成分であるクロベタゾールプロピオン酸はステロイドです。 ステロイドの分類である5段階の強さでは、最も強いストロンゲストのグループに分類されます。 ステロイドは様々な有益な作用を持つ成分ですが、皮膚外用剤に用いられる場合はその炎症や痛みを鎮める作用を目的としています。 炎症の起こっている部位では、炎症を引き起こすプロスタグランジンと呼ばれる体内物質が生成されています。 このプロスタグランジンは身体の組織の成分であるアラキドン酸からシクロオキシゲナーゼという酵素によって生成されます。 ステロイドはこのシクロオキシゲナーゼの働きを抑制する事で、炎症物質であるプロスタグランジンが作られる事を抑制します。 この作用によってテノベートクリームは強力に蕁麻疹やアトピー、アレルギーの炎症、その他皮膚湿疹を改善します。 ストロンゲストグループのステロイド外用剤であるテノベートクリームは、長期間の漫然とした使用には適していませんが、症状の悪化時に肌を立て直すためにはとても有効です。 ストロンゲストグループのステロイド外用剤を適切に使用する事によって、症状が長期に長引くのを防ぐ事が出来ると言われています。 症状が軽減してきた後は、より弱いランクのステロイド外用剤への切り替えや、使用間隔を長くしていく事などで徐々にステロイドの使用量を減じて行くことが推奨されています。 細菌や真菌などの感染による症状には適していません。 顔への使用、妊婦または妊娠している可能性のある方の使用には適していません。

使用方法

1日1~数回少量を患部に塗布します。症状により増減する。

※医師の指示に従ってご使用ください。

副作用

主な副作用として、皮膚刺激感、皮膚萎縮、毛のう炎、潮紅、皮膚炎、発疹、接触性皮膚炎、毛細血管拡張、蕁麻疹、そう痒、皮膚灼熱感、色素異常、真菌症(白癬、カンジダ症など)、ウイルスによる皮膚の感染症などが報告されています。このような症状に気づいたら、医師または薬剤師に相談してください。 大量または長期にわたる広範囲の使用により、下垂体・副腎皮質系機能抑制をきたすことがあります。まぶたへの使用に際しては、眼圧亢進、緑内障、白内障を起こすことがあるので注意してください。 以上の副作用はすべてを記載したものではありませんので、上記以外でも気になる症状が出た場合には、使用をやめて医師や薬剤師に相談してください。

※副作用および使用上のご注意はここに記載の限りではありません。

有効成分

プロピオン酸クロベタゾール0.05%

内容量

30g

ブランド

グラクソ・スミスクライン

効果効能

アトピー性皮膚炎 接触性皮膚炎 主婦湿疹(手湿疹) じんましん 虫さされ(じゅくじゅくした炎症があるもの) 円形脱毛症 やけどなど

注意事項

炎症がないところに塗らないようにしましょう。 緑内障などのおそれがあるのでまぶたなどの眼のまわりには塗らないようにしてください。 大量または長期の広範囲にわたる使用はしないでください。 1週間以上の連続使用は避けてください。 化粧下やひげそり後などの皮膚に使用しないでください。 妊娠・授乳中の方、また他に薬を使っている(お互いに作用を強めたり弱めたりする可能性もあるので、大衆薬も含め、他に使用中の医薬品に注意してください)方は必ず使用前に医師や薬剤師に相談してください。 現在治療中の疾患がある場合やステロイドにアレルギーがある方は医師や薬剤師と相談してください。

レビューを書く

注意: HTMLタグは使用できません!
    悪い           良い



関連カテゴリ

関連キーワードで検索: ステロイド剤, ステロイド, ベトネベート, ベトノベート, リンデロン, アンテベート, デルモベート, しっしん, 湿疹, 皮膚炎, かぶれ, あせも, じんましん, とびひ, 虫さされ, しもやけ, アトピー性皮膚炎