パリエットジェネリック10mg(PEPCIA)

パリエット同成分のジェネリック医薬品です。胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃炎などの様々な胃の不調に。

  • ¥3,280


メーカー正規品のみの取り扱いを保障いたします


極端に低価格なコピー品にはご注意ください

パリエットジェネリック10mg(PEPCIA) の商品詳細

パリエットジェネリックはラベプラゾールの成分を含む医薬品です。 国内では同じ成分を含む医薬品としてパリエットが承認され処方されています。 国内のパリエットは5mg、10mg、20mgの規格で展開されています。このパリエットジェネリックは国内の5mgの規格と同用量になります。 パリエットジェネリックはプロトンポンプ阻害薬というグループの医薬品です。 胃潰瘍や胃炎といった症状は胃酸の分泌が多すぎてしまう事と、胃酸から胃を保護する粘膜成分が不足してしまう事の2つの原因から発生すると考えられています。 胃酸は強力な塩酸であるため、普段は胃を胃酸から保護するために粘液が絶えず分泌されています。 しかし何らかの原因でこの粘液が不足する事で胃酸によって胃自体が傷付けられてしまいます。そのために胃炎や胃潰瘍などの症状があらわれてきます。 胃壁にある壁細胞と呼ばれる細胞で胃酸は生成され、胃の内部に分泌されています。 この生成された胃酸の胃の内部への運搬は、細胞のプロトンポンプと呼ばれる輸送機構によってなされている事が分っています。 パリエットジェネリックはこの輸送機構であるプロトンポンプの働きを妨げる事で、胃酸が胃の内部へと運ばれるのを防ぎます。 この作用によって過剰な胃酸の分泌を減少させ、弱った胃をそれ以上傷付ける事なく症状を改善させる事ができます。 パリエットジェネリックは同じ様な作用の仕組みを持つプロトンポンプ阻害薬のグループの中でも、比較的他の薬剤との相互作用が少ない薬剤である事が特徴です。 アタザナビル、リルピビリンの医薬品を服用している場合には、タケプロンジェネリックによって服用中の薬剤の効果が変化するため使用できません。

使用方法


※医師の指示に従ってご使用ください。

副作用

頭痛、咳、鼻炎、目眩など 上記は完全な副作用、注意事項のリストではありません。

※副作用および使用上のご注意はここに記載の限りではありません。

有効成分

ラベプラゾールナトリウム

内容量

100錠

ブランド

アクムスドラッグス

効果効能

胃潰瘍 ピロリ菌の除菌 十二指腸潰瘍 逆流性食道炎 非びらん性胃食道逆流症

注意事項


レビューを書く

注意: HTMLタグは使用できません!
    悪い           良い



関連カテゴリ

関連キーワードで検索: ピロリ菌, 胃潰瘍, 胸焼け, パリエット, オメプラゾール, 逆流性食道炎, 十二指腸潰瘍, タケプロン, 胃ガン, 胃炎, 胃もたれ, 胃痛, 胃腸薬, 飲みすぎ, 胸焼け, 食べすぎ, ファモチジン, メキシウム, ランソプラゾール