タミフルジェネリック

48時間以内に飲めば安心。インフルエンザの症状を抑える抗ウィルス薬です。

  • ¥4,680


メーカー正規品のみの取り扱いを保障いたします


極端に低価格なコピー品にはご注意ください

タミフルジェネリック の商品詳細

タミフルジェネリックはインフルエンザの治療薬として非常に有名な「タミフル」のジェネリック医薬品です。 タミフルジェネリックの服用により、体内のインフルエンザウィルスA型、B型の活性を抑制します。インフルエンザの症状が出てからすぐに服用すると発熱の期間が短くなるなど、インフルエンザによる諸症状を抑えます。 タミフルジェネリックは、インフルエンザの症状が出てから48時間以内に服用しないと効果が期待できないといわれています。早期の対処が必要となるので、家庭に常備しておくと安心できます。 また、高齢者や持病がある方などがインフルエンザにかかると重症化しやすいので、身近な人がインフルエンザを発症した場合、予防の意味で服用することが認められています。 インフルエンザと一般的な風邪との大きな違いは、38〜39度台の高熱が出る、寒気がする、関節が痛いなどの症状がいきなり出ることです。 インフルエンザは感染力が強いため、会社や学校などを休まなければならず、しかも解熱しても数日は人に移す可能性があるため自宅待機を余儀なくされる場合が多いです。 特に忙しい方などは、1日でも早く熱を下げたいもの。そんなときにタミフルジェネリックがあると、とても頼りになります。

使用方法

タミフルジェネリックを治療薬としてのむときは、1カプセル(75mg)を1日2回5日間服用します。 タミフルジェネリックを予防的に使用するときは、1カプセル(75mg)を1日1回7日間服用します。インフルエンザの潜伏期間は1~3日といわれているので、患者に接したときから1~3日以内にのむ必要があります。

※医師の指示に従ってご使用ください。

副作用

10代の若者がタミフルをのんで、2階から飛び降りるなどの異常行動をおこしたとして、問題になったことがあります。そのため当時はタミフルの使用をひかえる病院も多く、もうひとつのインフルエンザ治療薬のリレンザが品薄になりました。 その後、全国的な調査がおこなわれましたが、タミフルと異常行動との因果関係ははっきりせず、現在はもとどおり使用されています。

※副作用および使用上のご注意はここに記載の限りではありません。

有効成分

Oseltamivir Phosphate(リン酸オセルタミビル)75mg

内容量

10錠

ブランド

オーピーティーオー

効果効能

タミフルと同じ成分の抗ウィルス薬

注意事項


レビューを書く

注意: HTMLタグは使用できません!
    悪い           良い



関連カテゴリ

関連キーワードで検索: インフルエンザ, タミフル, アンチフル, 風邪, 鳥インフルエンザ, 抗インフルエンザ薬