マイクロギノン21 1箱(合計21錠)

黄体ホルモンとしてレボノルゲストレルを配合した低用量ピル。避妊や生理痛、生理不順などの月経困難症に。

  • ブランド:
    バイエル
    (BAYER)
  • 獲得ポイント: 25

  • 入荷状況: 在庫があります。すぐに発送できます。
  • ¥2,580


メーカー正規品のみの取り扱いを保障いたします


極端に低価格なコピー品にはご注意ください

マイクロギノン21 1箱(合計21錠) の商品詳細

マイクロギノンはエチニルエストラジオールとレボノルゲストレルの2種類のホルモンを配合した低用量ピルです。国内では未承認の医薬品です。 ドイツの医薬品メーカーであるバイエル社が製造しています。 マイクロギノンには卵胞ホルモンとしてエチニルエストラジオールと黄体ホルモンとしてレボノルゲストレルが配合されています。 同じホルモンの組み合わせの、黄体ホルモンとしてレボノルゲストレルを含む低用量ピルにはトリキュラーがあります。 トリキュラーが月経周期に合わせて3種類の薬剤の配合量の異なる錠剤を定められた日数ずつ服用する必要のある3相性と呼ばれるピルであるのに対し、このマイクロギノンは1種類の配合量のみの錠剤で構成されているので、わかりやすく日数の調節も行いやすい利点があります。 マイクロギノンは第二世代の低用量ピルになります。 1970年代に開発され世界中で使用された比較的長い使用実績のある低用量ピルです。 月経周期における卵胞の成熟とその後の排卵には、体内の黄体形成ホルモン(LH)と卵胞刺激ホルモン(FSH)の分泌が深く関わっています。 排卵の前には黄体形成ホルモン(LH)と卵胞刺激ホルモン(FSH)の急激な分泌がおこり、それらのホルモン濃度のピークが訪れる事で排卵がおこります。 マイクロギノンはこの黄体形成ホルモン(LH)と卵胞刺激ホルモン(FSH)の急激な分泌による濃度のピークの形成を抑制する事で排卵を抑制します。 また子宮内膜での受精卵の着床をおこりにくくします。 女性ホルモンの分泌の乱れを改善するため生理痛や生理不順などの月経困難症に用いられる場合もあります。 低用量のピルは、35歳以上で一日15本以上の喫煙をする方、心臓や血管系の疾患のある方やリスクの高い方、高血圧の方やリスクの高い方の服用には適していません。

使用方法

通常、成人の飲む量および回数は次のとおりです。なおこの薬を服用する際は、毎日一定の時刻にコップ1杯程度の水またはぬるま湯で飲んで下さい。 なお、マイクロギノン21とマイクロギノン28は、どちらも同じ成分含有量の薬で、マイクロギノン28の7錠に関しては、飲み忘れ防止のための偽薬となります。 症状の程度によって、服用する量や期間が決まります。服用は必ず医師の指導のもとで行って下さい。 〔マイクロギノン錠21〕 1日1錠を毎日一定の時刻に赤褐色の錠剤から順番に21 日間連続して飲み、その後7日間は休みます。月経が終わっていても続いていても、同様の方法で、避妊する期間、繰り返し飲みます。(錠剤は錠剤シート表面の矢印のとおり、上段から下段、各段とも左端から順に取り出して下さい。まず赤褐色の錠剤を6日間、次に白色の錠剤を5日間、次に淡黄褐色の錠剤を10 日間飲んで下さい。) (初めて経口避妊剤としてこの薬を飲む場合) 月経の第1日目から飲み始め、毎日1錠ずつ21 日間飲んでください。その後7 日間は薬を飲みません(休薬期間)。飲み始めが月経第1日目から遅れた場合、飲み始めの最初の1週間は他の避妊法を併用して下さい。 〔他の経口避妊剤からこの薬に切り替える場合〕 21 錠タイプの経口避妊剤から切り替える場合 前に飲んでいた薬をすべて飲み終わった後、7 日間の休薬期間をおいてから、この薬を飲み始めて下さい。飲み始めるのが遅くなると、妊娠する可能性があります。 28 錠タイプの経口避妊剤から切り替える場合 前に飲んでいた薬をすべて飲み終わった後、続けてこの薬を飲んで下さい。飲み始めるのが遅くなると、妊娠する可能性があります。 飲み忘れた場合の対処法ですが、飲み忘れが1 日の場合(マイクロギノン錠28 のやや大きい白色の錠剤を除く)気づいた時点で飲み忘れた1 錠をただちに飲み、さらにその日の分も通常どおり飲んで下さい。すなわち、その日は2錠飲むことになります。 2日以上連続して飲み忘れた場合じゃその時点で飲むのを止めて、次の月経を待って新しいシートから再び飲み始めて下さい。服用を中止したシートに残っている薬は飲まないで下さい。なお、飲み忘れによって妊娠する可能性が高くなるので、その周期は他の避妊法を使用して下さい。

※医師の指示に従ってご使用ください。

副作用

特に注意が必要な重大な副作用と、主な自覚症状は下記の通りです。副作用であれば、主な自覚症状のうち、いくつかの症状が同時期に現れるのが一般的です。何らかの症状が出た場合は、服用を中止し直ちに医師にご相談下さい。 重大な副作用:血栓症 主な自覚症状:ふくらはぎの痛み・むくみ、手足のしびれ、鋭い胸の痛み、突然の息切れ、押しつぶされるような胸の痛み、激しい頭痛、めまい、失神、目のかすみ、舌のもつれ

※副作用および使用上のご注意はここに記載の限りではありません。

有効成分

レボノルゲストレル0.15mg、エチニールエストラディオール0.03mg

内容量

21錠

ブランド

バイエル

効果効能

避妊

注意事項

本剤に含まれる成分によって過剰症状を起こしたことがある(禁忌) また以下に当てはまる方は服用前に医師に相談して下さい。 統合失調症、双極性障害、うつ病等の精神疾患の既往がある 重度の腎機能障害の方 血液透析を受けている 薬剤を服用中の方、また過去に服用していた方は医師に必ずご相談下さい。 過剰量を服用した場合、直ちに医師に相談して下さい。 副作用および使用上の注意はここに記載の限りではありません。

レビューを書く

注意: HTMLタグは使用できません!
    悪い           良い



関連カテゴリ

関連キーワードで検索: マイクロギノン, 低用量, ピル, 避妊