リノラル0.05mg

主に更年期障害や骨粗しょう症などホルモン減少によって起こる病気の治療に用いられています。

  • ブランド:
    インファー
    (Infar )
  • 獲得ポイント: 69

  • 入荷状況: ご購入商品は入荷次第、発送いたします。
  • ¥6,980


メーカー正規品のみの取り扱いを保障いたします


極端に低価格なコピー品にはご注意ください

リノラル0.05mg の商品詳細

リノラル0.05mgはエストロゲン欠乏による更年期障害などの治療に使われるホルモン薬です。エストロゲンは、一般的に女性ホルモンまたは卵胞ホルモンと言われているホルモンですが、女性のみならず男性の体内にも存在しています。女性の場合は卵巣から分泌され、悪玉コレステロール増加抑制、血流促進、皮下脂肪の増加、コラーゲン合成など、さまざまな働きをして、女性らしく保つ働きをしています。男性の場合では、男性ホルモンの一種であるテストステロンにアロマターゼという酵素が働きかけてエストロゲンがつくられており、その量は女性の約半分と言われています。しかしこのエストロゲンも加齢と共に減少していきます。体内でエストロゲンが合成されなくなっていくためにホルモンのバランスがくずれ、コラーゲンが減って肌にしわやたるみが増えます。体温が調節できなくなるため、のぼせやほてりが起こります。また、髪の毛の潤いがなくなり本数が減る、カルシウムが流出するために骨がもろくなるなどの症状が現れ、骨粗しょう症や月経異常などにかかりやすくなります。また近年では過激なダイエット、不規則な生活、ストレス、喫煙などが原因となってエストロゲンの量が減少し、若くして更年期と同様の症状を引き起こすケースも多いようです。 このような女性ホルモンの不足やバランスのくずれで起こるいろいろな症状を改善します。生理不順、無月経、機能性子宮出血、月経困難症、月経前緊張症、子宮内膜症、不妊症、さらに生理日の変更などにも使用します。また、避妊薬として応用されることもあるかもしれません。エストロゲンを効率よく補充することで更年期障害に伴うさまざまな症状を改善し、また前立腺がんに対しては前立腺および精のう重量を減少させ、血中テストロン値を低下させるので緩和治療にも使用されます。また性同一性障害、トランスセクシャルの人が女性ホルモン補充として使用している場合も多いようです。

使用方法

閉経後骨粗しょう症の予防、更年期障害 通常、1日0.01~0.05mgを周期的に服用(例:3週間服用して1週間休む) 前立腺がんの緩和治療 通常、1日0.15~1.5mgを服用 月経障害 通常、1日0.2~0.5mgを生理5日目~25日目にかけて服用 ※上記の使用量はあくまでも目安となります。

※医師の指示に従ってご使用ください。

副作用

発疹、肝機能異常、頭痛、腹痛、めまい、倦怠感など 副作用および使用上の注意はここに記載の限りではありません。

※副作用および使用上のご注意はここに記載の限りではありません。

有効成分

Ethinyloestradiol(エチニルエストラジオール)0.05mg

内容量

100錠

ブランド

インファー

効果効能

更年期障害、骨粗鬆症、前立腺がん等の緩和治療

注意事項

以下の場合はリノラル0.05mgを絶対に服用しないでください。 乳がん、子宮内膜がん等の患者、およびその疑いのある方

レビューを書く

注意: HTMLタグは使用できません!
    悪い           良い



関連カテゴリ

関連キーワードで検索: リノラル, 更年期障害, 骨粗鬆症, 女性ホルモン, MTF, ニューハーフ, 女性化