フェマーラ 1箱(合計30錠)

フェマーラ海外版。乳癌治療薬として用いられる他、排卵誘発の目的で不妊治療に用いられている薬剤です。

  • ブランド:
    ノバルティス
    (Novartis)
  • 獲得ポイント: 79

  • 入荷状況: 在庫残りわずかです。お急ぎください。
  • 在庫数 : 10
  • ¥7,980


メーカー正規品のみの取り扱いを保障いたします


極端に低価格なコピー品にはご注意ください

フェマーラ 1箱(合計30錠) の商品詳細

フェマーラはレトロゾールという成分を含む医薬品です。 国内で販売されているフェマーラと同じくスイスのノバルティス社が製造している海外版です。 国内と同じく2.5mgの規格です。 フェマーラはアロマターゼ阻害剤というグループの医薬品です。 女性ホルモンのうち卵胞ホルモン(エストロゲン)は閉経までは主に卵巣で分泌されていますが、閉経を迎え卵巣での卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌量が減少するとその他の経路によって合成される女性ホルモン(エストロゲン)の割合が多くなってきます。 その他の経路とは、副腎から分泌される男性ホルモンにアロマターゼという酵素が働くことで女性ホルモン(エストロゲン)が合成される経路です。 フェマーラはこの男性ホルモンを原料に女性ホルモンを合成する、アロマターゼという酵素の働きを妨げる事で体内で女性ホルモン(エストロゲン)が合成される事を妨げます。 女性ホルモン(エストロゲン)の過剰な分泌は乳癌にかかるリスクを上昇させるほか、乳癌を悪化させる事がわかっています。 そのため女性ホルモンの分泌を妨げる作用によって、フェマーラは閉経後の乳癌の治療に用いられます。 またフェマーラは排卵を誘発する目的で用いられる事もあります。 卵胞の成熟とその後の排卵には、脳の下垂体から分泌される卵胞刺激ホルモン(FSH)と黄体形成ホルモン(LH)という2種類のホルモンの分泌が深く関わっています。 月経の周期を通して卵胞の充分な成熟がおこると、この2種類のホルモンの急激な分泌と濃度の上昇がおこります。 フェマーラにより体内の卵胞ホルモン(エストロゲン)の濃度が下がる事で卵胞刺激ホルモン(FSH)の分泌が促されます。 この作用を利用してフェマーラは排卵障害を改善します。 妊婦または妊娠している可能性のある方、授乳中の方の使用には適していません。

使用方法

医師の指示通り服用ください。

※医師の指示に従ってご使用ください。

副作用

フェマーラの主な副作用の症状は、ほてり、頭痛、関節痛が報告されてい ますが服用前に必ず担当医師や薬剤師に相談してください。併用禁 忌薬があります。使用方法のご注意はここに記載の限りではありません。

※副作用および使用上のご注意はここに記載の限りではありません。

有効成分

Letrozole(レトロゾール)2.5MCG

内容量

30錠

ブランド

ノバルティス

効果効能

ホルモン剤 進行性乳がん治療

注意事項


レビューを書く

注意: HTMLタグは使用できません!
    悪い           良い



関連カテゴリ

関連キーワードで検索: フェマーラ, 女性ホルモン, 乳がん, 女性ホルモン剤, ホルモン剤