プレマリンジェネリック0.625mg(28錠)

プレマリンと同成分のジェネリック医薬品です。更年期症状のホルモン補充に

  • ¥2,880


メーカー正規品のみの取り扱いを保障いたします


極端に低価格なコピー品にはご注意ください

プレマリンジェネリック0.625mg(28錠) の商品詳細

プレマリンジェネリック0.625mgは結合型エストロゲンを含むエストロゲン製剤です。 国内では同成分の医薬品としてプレマリンが承認され処方されています。 プレマリンジェネリックは国内のプレマリンと同容量の0.625mgの規格となっています。 インドのジェネリック大手である、サバ メディカ社が製造しています。 加齢による卵巣機能の衰えにともない卵巣から分泌される女性ホルモン、特に卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌量が減少します。 この卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌量の減少と、脳から卵巣へ送られる卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌を促す指令のくい違いから生じる自律神経の乱れが、更年期障害の様々な症状の原因であると考えられています。 様々な症状の中でも、月経周期の乱れやホットフラッシュのほてり、発汗、めまいなどの症状には、卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌量の減少が大きく関わっているといわれています。 プレマリンジェネリックは分泌量の減少した卵胞ホルモン(エストロゲン)を服用によって補う事で、更年期障害の様々な症状を改善します。 補充する必要のある卵胞ホルモン(エストロゲン)の用量は症状や疾患、体質によって異なります。 プレマリンジェネリックに含まれるのは結合型のエストロゲンです。 体内で合成されるエストロゲンには、エストロン、エストラジオール、エストリオールの3種類があります。 結合型のエストロゲンは合成エストロゲンではなく天然エストロゲンです。 結合型エストロゲンはエストロンを主としてこれらのエストロゲンをバランス良く含み、卵巣だけではなく子宮への作用も持っています。 子宮内膜癌や乳癌など、エストロゲンによって増悪する疾患の既往歴のある方や、血栓症のリスクの高い方、血栓症の既往歴のある方の使用には適していません。

使用方法

1日1回プレマリンまたはジェネリックを0.625mg~1.25mg服用します。

※医師の指示に従ってご使用ください。

副作用


※副作用および使用上のご注意はここに記載の限りではありません。

有効成分

結合型エストロゲン0.625mg(Conjugated Estragens)

内容量

28錠

ブランド

サバ メディカ

効果効能

更年期障害による心身の症状の改善 失われた女性らしい肌や髪のはり、つやを取り戻す、または維持する 女性らしい丸みを帯びた体つきや乳房のはりを維持する。 膣の潤いの低下を改善し、性交痛を解消。 セックスをより良いものにする。 骨粗鬆症を予防する。

注意事項

併用禁忌薬があります。使用方法のご注意はここに記載の限りではありません。

レビューを書く

注意: HTMLタグは使用できません!
    悪い           良い



関連カテゴリ

関連キーワードで検索: プレマリン, 女性ホルモン, ホルモン, エストロモン, 更年期障害, 女性化, ニューハーフ, MTF, 女性ホルモン剤, ホルモン剤, 腟炎