カンプラル333mg(アカンプロサート)

国内レグテクト同成分医薬品。アルコール依存症の症状の改善に。

  • ¥5,480


メーカー正規品のみの取り扱いを保障いたします


極端に低価格なコピー品にはご注意ください

カンプラル333mg(アカンプロサート) の商品詳細

カンプラルはアカンプロサートの成分を含む医薬品です。国内ではレグテクトとして承認され処方されています。 レグテクトは333mgの用量の規格となっています。このカンプラルはレグテクトと同容量の成分を含んでいます。 カンプラルは依存的な飲酒によって崩れた脳内の神経伝達物質のバランスを改善する薬剤です。 脳内には情報の伝達をになう神経伝達物質と呼ばれる物質が存在しています。 依存的に飲酒を続ける事で、この神経伝達物質のうちグルタミン酸とGABAの濃度のバランスが崩れる事がわかっています。 アルコールの摂取によって、脳では通常の状態に比べグルタミン酸の作用が弱まりGABAの作用が強まって、バランスを欠いた状態になります。 アルコール依存症の状態では常にアルコールによってグルタミン酸の作用が弱められるために、脳は2つの物質のバランスを改善しようとグルタミン酸を過剰に分泌し始めます。 この状態でアルコールが切れると、脳ではアルコールの摂取によってGABAの作用を強める事でそのバランスを正常な状態に近づけようと飲酒の欲求が発生する、という悪循環が生まれます。 グルタミン酸は、脳内で記憶や学習といった脳の興奮を伴う活動的な働きに強く関与する伝達物質です。 一方でGABAは脳の興奮や働きを抑える抑制的な働きに強く関与する伝達物質です。 このような2つの伝達物質のアンバランスが、飲むべきではないとわかっていても禁酒する事ができないといったアルコール依存症の症状に深く関係していると考えられています。 カンプラルは、依存的な飲酒によって過剰に分泌されるようになってしまったグルタミン酸の脳内での働きを妨げる事で、脳内の伝達物質のバランスを正常な状態に近づける作用を持ちます。 この作用によってカンプラルはアルコール依存症の症状を改善します。 酷い腎障害の症状のある方の使用には適していません。 服用中には充分な症状の観察や通院が必要となります。

使用方法

通常、成人の場合1日に3回、1回につき2錠を服用します。 中度の腎臓機能の障害がある場合、1回1錠を、1日に3回服用するのが良いとされます。 重度の腎臓機能障害がある場合、当薬は服用できません。 服用タイミングは毎食後が良いとされます。 実際の適量は医師との相談のもと決定します。

※医師の指示に従ってご使用ください。

副作用

カンプラルには以下のような副作用が起こりえますので、気になる方は医師とご相談ください。 下痢、吐き気、食欲の減退や増進、嘔吐、眠気、胃痛、頭痛、めまい、便秘、疲労感、筋肉痛、失神、消化不良、関節痛、鼻炎、性欲変化や性欲減退、動悸、ふるえ、血管拡張、せき、呼吸困難、発疹、咽頭炎、気管支炎、視覚異常など

※副作用および使用上のご注意はここに記載の限りではありません。

有効成分

アカンプロセート

内容量

84錠

ブランド

メルク

効果効能

アルコール依存症の治療

注意事項


レビューを書く

注意: HTMLタグは使用できません!
    悪い           良い



関連カテゴリ

関連キーワードで検索: カンプラル, アカンプロサート, アルコール依存症, アルコール中毒, お酒