トリキュラー 1箱(合計21錠)

月経周期にあわせて配合薬剤の用量が変わっていくタイプの低用量ピル。自然なホルモン分泌を再現します。

  • ¥2,980


メーカー正規品のみの取り扱いを保障いたします


極端に低価格なコピー品にはご注意ください

トリキュラー 1箱(合計21錠) の商品詳細

トリキュラーはレボノルゲストレルとエチニルエストラジオールという2種類の成分の含まれる低用量ピルです。 国内でもトリキュラーとして承認され処方されています。 国内ではメジャー医薬品として、バイエル社が販売しています。 この海外版トリキュラーはインドの製薬メーカーであるザイダス社が製造しています。 月経周期における卵胞の成熟とその後の排卵には、体内の黄体形成ホルモン(LH)と卵胞刺激ホルモン(FSH)の分泌が深く関わっています。 排卵の前には黄体形成ホルモン(LH)と卵胞刺激ホルモン(FSH)の急激な分泌がおこり、それらのホルモン濃度のピークが訪れる事で排卵がおこります。 トリキュラーはこの黄体形成ホルモン(LH)と卵胞刺激ホルモン(FSH)の急激な分泌による濃度のピークの形成を抑制する事で排卵を抑制します。 また子宮内膜での受精卵の着床をおこりにくくします。 黄体形成ホルモン(LH)と卵胞刺激ホルモン(FSH)は性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)というホルモンにより分泌されます。 性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)は体内の黄体ホルモンや卵胞刺激ホルモン(FSH)の濃度が充分に高い場合には分泌されません。 トリキュラーには黄体ホルモンであるレボノルゲストレルと卵胞ホルモンであるエチニルエストラジオールが含まれ、服用する事で性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)が分泌されにくくします。 その結果、黄体形成ホルモン(LH)と卵胞刺激ホルモン(FSH)の分泌濃度ピークが生成されず排卵を抑制します。 トリキュラーには3種類の色の違う錠剤がパッケージされています。 通常、体内の黄体ホルモンは月経周期の黄体期と呼ばれる時期に分泌のピークを迎え、その後分泌量は減少します。 一方卵胞ホルモンは月経周期の排卵期と呼ばれる時期に分泌のピークを迎えます。 トリキュラーの3種類の錠剤はそれぞれ配合されているレボノルゲストレルとエチニルエストラジオールの用量が異なり、21日間順番に規則正しく服用する事で自然な月経周期での女性ホルモンの分泌を再現するように作られています。 低用量のピルは、35歳以上で一日15本以上の喫煙をする方、心臓や血管系の疾患のある方やリスクの高い方、高血圧の方やリスクの高い方の服用には適していません。

使用方法

毎日一定の時刻に1日1錠を、下記の順で服用ください。 赤6錠→白5錠→黄色10錠の順に、21日間連続で服用(ピルシートの裏面に服用の番号が記載されています) 22日目から、7日間休薬 29日目から、1)に戻って服用を再開

※医師の指示に従ってご使用ください。

副作用

低用量ピルはホルモン療法にともないがちな、次のような副作用が少ないというメリットがあります。 吐き気などの「つわり」に似た症状 顔や手足のむくみ 乳房の張り 月経外の不正出血 体重の増加 トリキュラーは低用量ですが、のみ忘れをせずに正しく服用するとほぼ100%避妊できます。

※副作用および使用上のご注意はここに記載の限りではありません。

有効成分

Levonorgestrel30mcg / Ethinyl Estradiol125mcg

内容量

21錠

ブランド

ザイダス

効果効能

避妊 卵巣がん、子宮体がん、卵管炎などの感染症の予防 月経痛、月経不順の改善 子宮内膜症の予防 月経前症候群の改善

注意事項


レビューを書く

注意: HTMLタグは使用できません!
    悪い           良い



関連カテゴリ

関連キーワードで検索: トリキュラー, 低用量, ピル, 避妊, トリキュラー28, ヤーズ, 避妊薬, アンジュ, プラノバール, 生理痛, 生理不順, 月経痛, 月経不順, 子宮体がん, 子宮頸がん, 子宮内膜症, 子宮がん, 不正出血, 月経, 生理, PMS,