メイアクトジェネリック(セフジトレンピボキシル)200mg 1箱

メイアクト同成分のジェネリック。様々な感染症に用いられる抗生剤です。

  • ¥4,080


メーカー正規品のみの取り扱いを保障いたします


極端に低価格なコピー品にはご注意ください

メイアクトジェネリック(セフジトレンピボキシル)200mg 1箱 の商品詳細

メイアクトジェネリックはセフジトレンピボキシルという成分を含む医薬品です。 国内ではメイアクトMSとして100mgの規格の錠剤が承認され処方されています。 このメイアクトジェネリックはメイアクトと同じ成分を含むジェネリック医薬品です。 国内には無い200mgの高用量の規格になります。 メイアクトジェネリックは、様々な菌類の感染や傷口などでの細菌の二次感染を防ぐ目的で、国内で広く処方されているセフェム系の抗生物質です。 セフェム系の抗生物質の中では第三世代と呼ばれるグループに分類されています。 メイアクトジェネリックは細菌の細胞と人間の細胞の違いを利用して、細菌の細胞のみを破壊する事で細菌の感染を改善します。 細菌の細胞は細胞の内部と外部を隔てるために、細胞膜の周囲を細胞壁と呼ばれる丈夫な物質が覆っています。 メイアクトジェネリックは細菌の細胞壁の合成を阻害するため、細菌の細胞は内外を隔てる細胞壁が壊れてしまう事で外部の物質が流入し破壊されます。 一方で人間の細胞には細胞壁が存在しないために、メイアクトジェネリックは人間の細胞には作用する事がありません。 この作用によってメイアクトジェネリックは体内での様々な細菌類の増殖を改善し、感染症の症状を改善します。 抗生物質であるため、薬剤耐性菌の発現を防ぐために長期間の漫然をした使用は推奨されていません。 セフェム系やペニシリン系の抗生物質に過敏な方の使用には適していません。 腎障害の疾患のある方の使用には適していません。 妊娠後期の方、小児、乳幼児には低カルニチン血症の発現やそれに伴う低血糖の発作の発現が報告されており、使用が推奨されていません。

使用方法

皮膚、及び軟部感染症の場合: 12歳以上の小児、成人の場合、1日2回(1錠x2)を食後に服用し、10日間続けます。 地域感染型肺炎、慢性気管支炎の急性細菌性増悪の場合: 12歳以上の小児、成人の場合、1日2回(2錠x2)を食後に服用し、10日間続けます。 肺炎の場合: 12歳以上の小児、成人の場合、1日2回(2錠x2)を食後に服用し、2週間続けます。 扁桃炎、咽頭炎の場合: 12歳以上の小児、成人の場合、1日2回(1錠x2)を食後に服用し、10日間続けます。

※医師の指示に従ってご使用ください。

副作用

発疹、蕁麻疹、紅斑、痒み、発熱、関節痛、リンパ節腫脹などが起こる可能性があります。副作用はこれに限りません。

※副作用および使用上のご注意はここに記載の限りではありません。

有効成分

セフジトレンピボキシル(Cefditoren Pivoxil).

内容量

6錠

ブランド

ズヴェンタス

効果効能

中耳炎、肺炎、気管支炎などの感染症の治療

注意事項


レビューを書く

注意: HTMLタグは使用できません!
    悪い           良い



関連カテゴリ

関連キーワードで検索: メイクアウト, ゾスタム, セフトリン, セファム, 抗生物質, メイアクトジェネリック, セフジトレンピボキシル, ブドウ球菌, 肺炎球菌, 大腸菌