グリメピリド錠4mg(アマリール) 1箱(合計30錠)

国内アマリールと同じ成分を含むジェネリック。国内には無い高用量規格です。

  • ¥3,480


メーカー正規品のみの取り扱いを保障いたします


極端に低価格なコピー品にはご注意ください

グリメピリド錠4mg(アマリール) 1箱(合計30錠) の商品詳細

グリメピリド4mgはグリメピリドという成分を含む医薬品です。 国内ではアマリールとして承認され処方されており、アマリールは0.5mg、1mg、3mgの3種類の規格で展開されています。 このグリメピリド4mgという規格は国内には無い高用量の規格になります。 グリメピリドはSU剤とよばれるグループの医薬品です。 糖尿病には膵臓にインスリンを分泌する力が無い1型と、膵臓からのインスリンの分泌はあるが、充分では無いか効き目が弱まっている2型の2つの種類があります。 グリメピリドは2種類の糖尿病のうち2型の糖尿病の症状を軽減します。 インスリンは膵臓のβ細胞で作られますが、グリメピリドなどのSU剤のグループの薬剤はこのβ細胞のスイッチに作用してインスリンの分泌を促します。 またインスリンの働きを増強させる作用もあります。 これら作用によってグリメピリドは血糖値を降下させます。 グリメピリドのような血糖降下剤には、服用によって血糖値が下がり過ぎてしまう低血糖と呼ばれる重大な副作用が起こるリスクがあります。 低血糖の症状は、ふるえや寒気、顔面蒼白などから始まり、重症になると意識喪失やけいれん、昏睡状態を引き起こします。 このような低血糖の症状の兆候が表れた場合は、速やかにブドウ糖などの糖分を摂取して血糖値を上昇させる必要があります。 服用中は必ずブドウ糖を身近に持ち歩くこと、下痢や嘔吐などのある体調悪化時には服用しない事が推奨されています。 肝臓や腎臓の障害のある方、妊婦や妊娠しているかもしれない方の使用には適していません。

使用方法

【アマリールの使用開始時】通常、1日に1回1mg(1/4錠)を服用します。効果が不十分とされた場合の増量は可能ですが、定期的に血糖値を測定した結果に基づいて1週間、1週間などの単位で1mgずつ増量します。 【血糖値のコントロールが正しく行われている場合】通常、1日に1回、1mg~4mgを、朝食前や1日の最初の食事前に服用。服用後には必ず食事をしましょう。 【アマリールの服用量の軽減】低血糖症を発症させないよう、十分注意および考慮したうえで使用の停止や減量を行います。減量や服用停止は医師の判断にもとづいておこないます。

※医師の指示に従ってご使用ください。

副作用

アマリールには以下のような副作用が起こりえますので、気になる方は医師とご相談ください。 下痢、便秘、腹痛、吐き気、嘔吐 服用初期の一時的な視覚障害や体重の増加 低血糖症や発疹・痒みなどアレルギー性皮膚炎 肝機能不全、肝炎、胆汁うっ帯性黄疸、再生不良性貧血、無顆粒球症、汎血球減少症、血小板減少症、過敏症反応、溶血性貧血、白血球減少症など

※副作用および使用上のご注意はここに記載の限りではありません。

有効成分

グリメピリド 4mg

内容量

30錠

ブランド

サノフィ・アベンティス

効果効能

2型糖尿病の治療

注意事項

以下に該当する方におけるアマリールは使用できません。 1型糖尿病、糖尿病ケトアシド―シス 、糖尿病性昏睡、グリメピリドや他成分に過敏症、スルホニル尿素系薬剤に過敏症、抗生物質スルファメトキサゾール等スルホニルアミド系薬剤に過敏症 重篤な肝機能障害があるか、透析を受けている 重篤な腎機能障害 がある ポルフィリン症である ガラクトース不耐症、グルコースガラクトース吸収不全症、ラップラクターゼ不良症である

レビューを書く

注意: HTMLタグは使用できません!
    悪い           良い



関連カテゴリ

関連キーワードで検索: 血糖値, 高血糖, 食後高血糖値, 食後高血糖, 食後高血糖症, グリメピリド, アマリール, 糖尿病, 血糖値, インスリン, インスリン抵抗, 膵臓, 高血糖症