ゼニカル

人気バラエティ番組で「食べなかったことにしてしまう薬」と紹介された医薬品

  • ブランド:
    ロシュ
    (Roche)
  • 獲得ポイント: 89

  • 入荷状況: ご購入商品は入荷次第、発送いたします。
  • ¥8,980


メーカー正規品のみの取り扱いを保障いたします


極端に低価格なコピー品にはご注意ください

ゼニカル の商品詳細

スイスの製薬会社ロシュ社が開発した脂肪吸収阻害剤です。成分名はオルリスタットで、各社ジェネリックを販売していますが、元々開発したのは、ロシュ社です。開発から販売に当たっては、様々な試験をクリアしないといけないので、安全性や信頼性は高いです。 ゼニカルの効果を簡潔にいえば、食事で摂取した脂肪分を体内吸収せず、そのまま身体の外に出してしまうことができるのです。そのため、以前某人気バラエティ番組で「食べなかったことにしてしまう薬」と紹介されたことがあります。 詳しく説明すると、脂肪を消化する酵素の一つに膵臓で作られるリパーゼがあります。腸管に存在するリパーゼにゼニカルが作用してリパーゼの活性を不活化させ、食事による腸管からの脂肪吸収を30%阻害し、吸収されなかった脂肪は便として排出されます。つまりゼニカルによって、消化不良状態を作りだすということになります。そのため、食欲抑制の効果はありませんが、体重減少の効果があり、ダイエットピルとして世界中で使われています。 注意点は、脂溶性ビタミンであるビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ベータカロテンなどの吸収も阻害されてしまうため、野菜やサプリメントなどで意識的に補わないといけません。特にビタミンEとベータカロテンの減少が優位的に確認されており、必ず摂取することです。ビタミンAは疲労回復、ビタミンDは骨形成に、ビタミンEは血行促進など重要な栄養素です。 また、消化不良を故意に作り出すため、下痢になりやすいこと、更に放屁と思ったら脂肪便がスプレー状に出て、下着を汚してしまうなどの可能性があるため、夜用ナプキンなどの使用をお勧めします。 そして、皮膚の油分も減少され、乾燥しやすい状態になる場合もあります。十分な保湿が必要です。

使用方法

食事中または食後30分以内に1錠(120mg)のみます。脂肪分をまったく含まない食事のときはのんでも効果がありません。 食事時間が長い場合(コースや居酒屋などで長時間食事する場合など)は食後の服用では遅いため、食後を待たずに服用します。 脂肪分の吸収を抑制するお薬なので、脂肪に溶けている脂溶性ビタミン(A,D,E,K)の吸収も抑制されます。ゼニカルをのむときは、総合ビタミン剤などでこれらのビタミンを補給してください。

※医師の指示に従ってご使用ください。

副作用

オイルスポット、鼓腸、急な便意、油分の除去、排便の増加、便失禁、直腸からの漏れ、上部呼吸器感染、脂肪便、ガスによる胃腸の膨満、放屁

※副作用および使用上のご注意はここに記載の限りではありません。

有効成分

Orlistat(オーリスタット)120mg

内容量

42錠

ブランド

ロシュ

効果効能

肥満治療薬

注意事項

オルリスタットに対しアレルギーのある方は服用しないで下さい。 吸収不全症候群、食物アレルギーなどの症状がある、臓器移植を受けた、血液抗凝固薬・抗血栓薬(ワルファリン/ワーファリン・ヘパリンなど)を服用している、糖尿病、甲状腺疾患などの病歴がある方は、服用前に医師に必ずご相談下さい 1日3回120mgの服用量を超えても、効果は変わりませんのでご注意下さい。

レビューを書く

注意: HTMLタグは使用できません!
    悪い           良い

よくある質問

むくみについてよくある質問

  • むくみとはどういう現象ですか?

末梢血管からしみ出た水分が、血管に再吸収されずに皮下の組織にたまっている状態です。

  • 血管から水分が出たり入ったりしているのですか?

はい、その水分が血管から細胞に酸素や栄養を供給し、細胞から老廃物などを受け取る役目をしています。

  • 皮下組織に水分が溜まるのはどんなときですか?

末梢血管から心臓に戻る静脈血やリンパ液の流れが停滞しているとき、あるいは血液の塩分濃度が濃すぎるときなどです。その多くは一過性の生理的な現象ですが、何かの病気が原因になっていることもあります。

  • 静脈血やリンパ液の流れが停滞するのはどんなときですか?

静脈やリンパ管には動脈にあるようなポンプ(心臓)がないので、立ちっぱなしなどでいると重力の影響で下半身の静脈血が心臓に戻りにくくなります。長時間同じ姿勢でいるときも血液の流れが悪くなります。

  • 女性にむくみが出やすいのはなぜですか?

静脈やリンパ管のポンプの役目をしているのが筋肉の動きです。とくに脚のふくらはぎの筋肉は「第2の心臓」と呼ばれるくらい重要な役割をしています。女性は男性に比べて筋肉が細いのでポンプ機能も弱くなります。

  • 生理前にむくむのはなぜですか?

黄体ホルモンの分泌が盛んになると、尿の量が減るなど身体が水分をためこもうとするからです。

  • お酒を飲んだ翌朝に顔がむくむのはなぜですか?

アルコールの作用で血液中の水分が滲出しやすくなるからです。二日酔いの脱水症状も同じ原因です。また、まぶたなどの皮膚の薄い部分はむくみが出やすくなります。

  • 無理なダイエットをするとむくみが出るのはなぜですか?

急激に体重を落とすと身体は危険を感じて、水分をためこもうとする作用が出るからです。そのほかにもホルモンバランスの乱れや筋肉が細くなったことなど、いろいろ理由が考えられます。

  • むくみを早く解消するには?

軽い運動をして筋肉を動かす、入浴して血行を促進する、などの対策があります。利尿剤を飲んで尿の量を増やすのも即効性があります。

  • むくみにくくなるにはどうしたら良いでしょうか?

運動で筋肉を付ける、とくに下半身の筋肉を付けると効果があります。また野菜を積極的に食べてカリウム不足ならないことが身体の塩分調整機能を正常に保つために必要です。

  • むくみの原因になる病気にはどのようなものがありますか?

もっとも多いのが尿を作る腎臓の病気です。心臓病も血行を悪くするのでむくみの原因になります。高齢者のむくみの多くは心臓の機能の低下が原因です。肝臓や甲状腺の病気もむくみの原因になります。下肢静脈瘤が原因でむくみが出ることもあります。



関連カテゴリ

関連キーワードで検索: ゼニカル, オルリスタット, ダイエット, 脂肪ブロック, 減量, デブ, 肥満, リバウンド, オルリファスト, サノレックス, リデュース, オキシレックス, ゼニガル, ビプロスリム