リピトール80mg 1箱(合計30錠)

高脂質症治療薬として高コレステロール血症の方向けのお薬です。

  • ブランド:
    ファイザー
    (Pfizer)
  • 獲得ポイント: 58

  • 入荷状況: 在庫残りわずかです。お急ぎください。
  • 在庫数 : 95
  • ¥5,800


メーカー正規品のみの取り扱いを保障いたします


極端に低価格なコピー品にはご注意ください

リピトール80mg 1箱(合計30錠) の商品詳細

リピトール80mgは血液中のコレステロールを減らす薬で脂質異常症の治療に用いられます。飲み過ぎ、食べ過ぎといった食習慣、ストレスや肥満などが主な要因となって血液中の脂肪分が増加し、血液がドロドロになった状態を高脂血症と言います。血管の内側にコレステロールが増えて溜まっていくため血管が狭くなり、血流が悪くなることで血圧が上がり、結果的に動脈硬化や心筋梗塞、脳卒中などを引き起こす原因ともなります。脂質異常症は血液中のコレステロール値が高い以外にほとんど自覚症状がないため、心臓発作や脳卒中などの発作が起きて初めて知るケースがあります。コレステロールは食事で摂取されるほかに肝臓で生合成される脂質です。大きく分類すると2種類で、一つは余分なコレステロールを肝臓に戻す働きをする善玉コレステロールと言われるHDLコレステロール。もう一つは、肝臓から全身にコレステロールを送る働きをし、俗に悪玉コレステロールと言われているLDLコレステロールです。通常な状態であれば、この2つのコレステロールがバランス良く存在していますが、コレステロールを多く含む食品の過剰摂取や肝臓機能の低下などによりLDLコレステロールが血液中に過剰に存在するようになり、血管壁においてコレステロールの蓄積、沈着が起こり血管が詰まりやすい状態になり、その結果として動脈硬化やそれにともなう合併症を誘発するようになります。リピトール80mgはコレステロール生合成系の律速酵素であるHMG-CoA還元酵素を選択的に阻害し、肝臓でのコレステロールの生成を抑制します。肝臓内のコレステロール値を減らし、血中のリポ蛋白を肝臓内へ取り組んで代謝を促進します。血中の中性脂肪の低下作用も認められいます。動脈硬化の人は心筋梗塞や脳梗塞がおきやすいとされ、コレステロールを抑えることで予防効果があると言われています。また、従来のコレステロール低下剤より服用後の心血管疾患の起こるリスクが少ないとされています。

使用方法

成人は1回10~40mgを1日1回服用します。年齢や症状により増減します。服用は必ず医師の指導のもとで行ってください。

※医師の指示に従ってご使用ください。

副作用


※副作用および使用上のご注意はここに記載の限りではありません。

有効成分

Atorvastatin(アトルバスタチンカルシウム)80mg

内容量

30錠

ブランド

ファイザー

効果効能

高脂質症治療薬

注意事項

リピトールは、高コレステロール血症、家族性高コレステロール血症であることが確認できた後に服用して下さい。治療に対する反応が認められない場合には投与を中止して下さい。

レビューを書く

注意: HTMLタグは使用できません!
    悪い           良い



関連カテゴリ

関連キーワードで検索: リピトール, 高血圧, 高脂血症, コレステロール, 成人病, 高コレステロール, 中性脂肪, 脂質異常