ザンタックジェネリック(塩酸ラニチジン)150mg 1箱(100錠)

国内ザンタックの同規格ジェネリックです。胃潰瘍の治療や胃炎、胃の不調に

  • ブランド:
    ルピン
    (Lupin Ltd)
  • 獲得ポイント: 30

  • 入荷状況: 在庫残りわずかです。お急ぎください。
  • 在庫数 : 1
  • ¥3,080


メーカー正規品のみの取り扱いを保障いたします


極端に低価格なコピー品にはご注意ください

ザンタックジェネリック(塩酸ラニチジン)150mg 1箱(100錠) の商品詳細

ザンタックジェネリックはラニチジンの成分を含む医薬品です。 国内では同じ成分を含む医薬品としてザンタックが承認され処方されています。 ザンタックは75mg、150mgの2種類の規格で展開されています。 ザンタックジェネリックは国内同規格ですが、高用量の方の規格である150mgと同規格です。 胃潰瘍や胃炎といった症状は胃酸の分泌が多すぎてしまう事と、胃酸から胃を保護する粘膜成分が不足してしまう事の2つの原因から発生すると考えられています。 胃酸は強力な塩酸であるため、普段は胃を胃酸から保護するために粘液が絶えず分泌されています。 しかし何らかの原因でこの粘液が不足する事で胃酸によって胃自体が傷付けられてしまいます。 胃内での胃酸の分泌を促すスイッチはヒスタミンやアセチルコリン、ガストリンと呼ばれる物質である事がわかっています。 これらの物質のうち、ヒスタミンを通しての胃酸の分泌にザンタックジェネリックは関わっています。 ヒスタミンが胃壁に触れる事で胃では胃酸分泌のスイッチが入ります。 ザンタックジェネリックは、胃酸の分泌を促すスイッチをヒスタミンに先回りして塞いでしまう事で実際に胃酸が分泌される事を妨げる作用を持ちます。 過剰な胃酸の分泌を減少させる事で、弱った胃をそれ以上傷付ける事なく症状を改善させる事ができます。 ワーファリンやトリアゾラム、アタザナビル、デラビルジン、ゲフィチニブなどの医薬品を服用している場合には、ザンタックジェネリックによって服用中の薬剤の効果が変化する事が示唆されています。医師や薬剤師にご確認の上ご使用ください。

使用方法

下記のはあくまでも目安となりますので、医師の指示に基づき適切な量を服用するようにしてください。 通常、成人で就寝前に1日1回300mg、または1日2回(150mgを朝と夜に)に分けて服用。 消化性潰瘍の再発防止の場合は1日150mgを夜に服用。 消化性潰瘍の治療には4週間から8週間継続します。 逆流性食道炎の治療には症状に応じて最長12週間までの服用です。

※医師の指示に従ってご使用ください。

副作用

血管浮揚、発熱、発疹、そう痒、、肝機能障害、下痢、悪心、おうと、腹部の膨張、食欲不振など。 副作用は上記に限りません。

※副作用および使用上のご注意はここに記載の限りではありません。

有効成分

塩酸ラニチジン(Ranitidine Hydrochloride)

内容量

100錠

ブランド

ルピン

効果効能

ストレスや生活習慣で胃酸の過剰な分泌が原因で起こる「胃潰瘍」、「十二指腸潰瘍」の治療薬で有名な「ザンタック」のジェネリック薬で、「ヒスタミンH2受容体拮抗薬」に属するお薬です。

注意事項


レビューを書く

注意: HTMLタグは使用できません!
    悪い           良い



関連カテゴリ

関連キーワードで検索: 十二指腸潰瘍, 胃潰瘍, 塩酸ラニチジン, 胃酸, ザンタックジェネリック, 逆流性食道炎, ザンタック