パキシルジェネリック(ペクセップ)30mg 1箱(合計50錠)

副作用を抑えた第3世代のSSRIと呼ばれる新しい抗うつ剤です。

  • ¥7,580


メーカー正規品のみの取り扱いを保障いたします


極端に低価格なコピー品にはご注意ください

パキシルジェネリック(ペクセップ)30mg 1箱(合計50錠) の商品詳細

パキシルの成分パロキセチン塩酸塩は、うつ病の症状に効果を発揮するお薬です。憂うつな気分を緩和したり、意欲を高めてくれます。また、社会不安障害、パニック障害、強迫性障害などにも処方されます。パロキセチンは、副作用を抑えた第三世代の抗うつ剤です。選択的セロトニン再取り込み阻害薬SSRIと呼ばれる抗うつ剤です。プロザック(フルオキセチン)より強力といわれており。1日1回の服用で効果を発揮します。SSRIは、セロトニンがシナプスから減らない様にうまく調整することにより、うつなどを改善し明るく前向きに精神状態を持つ事ができるようになるといわれています。ただ、うつには不安や焦燥を伴うことも多く、抗不安剤や睡眠・鎮痛剤が併用されることが多いものです。 精神病は、ヒスタミン、アドレナリン、ドパミン、セロトニンなど脳内神経伝達物質の脳中枢細胞への取り込みの増加にもとづく神経細胞の機能亢進、混乱が原因と考えられています。これらの脳内神経伝達物質の取り込みを抑え込むことを主な作用とする抗神経病薬は他にもありますが、この薬はとくにセロトニンの受容体を特異的、選択的に遮断することによってセロトニンの取り込みを阻害して、うつの症状やパニック障害の改善に効果を示します。セロトニンは精神を安定させる作用を持つ神経伝達物質で、この濃度を上げる事によって沈んだ気持ちを高揚させるのです。 この薬はSSRIの中でもポピュラーな薬で、それは従来のSSRIと違ってセロトニンだけに作用するからです。神経伝達物質にはセロトニンの他にも種類がありますが、その中でセロトニンだけに作用するということで、副作用が少ないです。しかし、軽微な副作用は報告されているので、服用には注意が必要です。また、この薬は離脱症状が現れることがあるため、計画的な服用が必要になります。

使用方法

通常、成人は1日1回夕食後、パロキセチンとして20-40mgを経口服用します。服用は1回10-20mgより開始し、原則1週毎に10mg/日ずつ増量します。なお、症状により1日40mgを超えない範囲で適宜増減します。 症状や程度によって、服用する量や期間が決まります。服用は必ず医師の指導のもとで行って下さい。

※医師の指示に従ってご使用ください。

副作用

主な副作用として、吐き気、睡眠障害、知覚障害、口渇、頭痛、便秘・下痢、めまい、発熱、発疹などが報告されています。

※副作用および使用上のご注意はここに記載の限りではありません。

有効成分

Paroxetine(パロキセチン)30mg

内容量

50錠

ブランド

インタスファーマ

効果効能

うつ病・うつ状態、パニック障害、強迫性障害、社会不安障害

注意事項

<以下に1つでも該当する方は、決して服用なさらないで下さい(禁忌)。> 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者 モノアミン酸化酵素(MAO)阻害薬を投与中あるいは投与中止後14日間以内の方 ブチロフェノン系抗精神病薬のピモジド(商品名オーラップ)を投与中の方

レビューを書く

注意: HTMLタグは使用できません!
    悪い           良い



関連カテゴリ

関連キーワードで検索: パキシル, うつ, うつ病, 抗うつ剤, パニック障害, 不安障害, 抗鬱剤, デプロメール, ルボックス, 非定型うつ, 非定型うつ病