ニューロンチンジェネリック(ガバペン)300 mg

ガパペン同成分の医薬品。てんかんの症状の改善に。

  • ¥9,680


メーカー正規品のみの取り扱いを保障いたします


極端に低価格なコピー品にはご注意ください

ニューロンチンジェネリック(ガバペン)300 mg の商品詳細

ニューロチンジェネリックはガパペンチンの成分を含む医薬品です。 国内ではガバペンとして承認され処方されています。ガバペンは200mg、300mg、400mgの3種類の規格で展開されています。 このニューロチンジェネリックは国内のガバペン300mgと同用量の成分を含む医薬品です。 インドの製薬メーカーであるインタスファーマ社により製造されています。 ニューロチンジェネリックは単剤で使用する事はあまりなく、他のてんかん治療薬と共に用いられる事の多い医薬品です。 てんかんは脳内で発生した異常な電気刺激が脳細胞内で伝達され、興奮として伝わる事で発作などの症状を引き起こす疾患です。 発生した電気刺激は脳の神経細胞の中に+の電荷を帯びたイオンが流入する事で伝達されます。 逆に-の電荷を帯びたイオンが神経細胞に流入した場合には興奮の伝達は静められ、停止します。 神経細胞にはこの+のイオン、-のイオンそれぞれの出入り口があり、電気信号の伝達のスイッチとなっています。 ニューロチンジェネリックの成分であるガバペンチンがてんかんの症状を改善する詳細なメカニズムはまだ全てわかっていませんが、ガバペンチンは神経細胞の-のイオンの出入り口に作用して、神経細胞の興奮の伝達を妨げる事でてんかんの症状を改善するのではないかと考えられています。 酷い腎障害のある方の服用には医師による用量の調節が必要になります。 突然の酷い眠気の症状やふらつき、注意力の低下が現れる場合があります。服用中は乗り物の運転や高所の作業、危険を伴う機械の操作は出来ない事をご注意ください。

使用方法

てんかん治療として、服用開始日はガバペンを600mg(2錠分)を3回に分けて服用します。 服用2日目は1200mg(4錠分)を3回に分けて服用します。 てんかんの症状により、1日の最大服用量は2400mg(8錠)までです。

※医師の指示に従ってご使用ください。

副作用


※副作用および使用上のご注意はここに記載の限りではありません。

有効成分

ガバペンチン300mg

内容量

100錠

ブランド

インタスファーマ

効果効能

てんかん、特に難治性てんかんの治療

注意事項


レビューを書く

注意: HTMLタグは使用できません!
    悪い           良い



関連カテゴリ

関連キーワードで検索: ニューロンチン, てんかん, 自律神経, 精神, ガバペンチン, ガバピン, Gabapentin, リボトリール, デパケン