ベトネベートNクリーム

ステロイドであるベタメタゾン吉草酸と抗生剤を配合した外用剤。傷口や掻き壊しなどのある症状に。

  • ¥3,058


メーカー正規品のみの取り扱いを保障いたします


極端に低価格なコピー品にはご注意ください

ベトネベートNクリーム の商品詳細

ベトネベートNクリームは、ベタメタゾン吉草酸とフラジオマイシンという成分を含む医薬外用剤です。 国内ではベタメタゾン吉草酸はリンデロンVやベトネベートとして0.12%の濃度のものが、フラジオマイシンは様々な薬剤と共に配合された外用剤としてそれぞれ承認され処方されています。 また、一般用医薬品(OTC)として同名のベトネベートNクリームが販売されています。 OTCのベトネベートクリームは含まれる成分は同じですが、1本が5gと海外版の医療用に比べて小さな用量の規格となっています。 ベトネベートNクリームに含まれるベタメタゾン吉草酸はステロイドです。 ステロイドの分類である5段階の強さでは、3番目の強さであるストロングのグループに分類されます。 ステロイドは様々な有益な作用を持つ成分ですが、皮膚外用剤に用いられる場合はその炎症や痛みを鎮める作用を目的としています。 炎症の起こっている部位では、炎症を引き起こすプロスタグランジンと呼ばれる体内物質が生成されています。 このプロスタグランジンは身体の組織の成分であるアラキドン酸からシクロオキシゲナーゼという酵素によって生成されます。 ステロイドはこのシクロオキシゲナーゼの働きを抑制する事で、炎症物質であるプロスタグランジンが作られる事を抑制します。 もう1つの成分であるフラジオマイシンはアミノグリコシド系の抗生物質です。 外用剤として使用される事が主で、炎症の部位で増殖する様々な細菌を除去する事で症状の治癒を早めます。 ステロイドを含むため、長期間の漫然とした使用は推奨されません。 また、ストロングのグループのステロイドを含むため顔への使用には適していません。 アミノグリコシド系の構成物質に過敏な方の使用には適していません。

使用方法

1日1~数回程度患部に少量を塗布します。(症状により適宜増減すること。)

※医師の指示に従ってご使用ください。

副作用

主な副作用として、皮膚の感染症(伝染性膿痂疹、毛のう炎など)、真菌症(白癬、カンジダ症など)、ウイルス性感染症、接触性皮膚炎、発疹、皮膚の刺激などが報告されています。このような症状が出たら、すぐに医師または薬剤師に相談してください。 まれに眼圧亢進、緑内障、後嚢白内障などの副作用の初期症状である可能性がありますので、まぶしい、明るい光で輪が見える、頭痛、目の異常、視力低下などの症状が出た場合はただちに使用をやめてすぐに医師の診察を受けてください。 大量または長期にわたる広範囲への使用により、下垂体・副腎皮質系機能抑制をきたすことがあります。 以上の副作用はすべてを記載したものではありませんので、上記以外でも気になる症状が出た場合には、使用をやめて医師や薬剤師に相談してください。

※副作用および使用上のご注意はここに記載の限りではありません。

有効成分

ベタメタゾン吉草酸エステル、フラジオマイシン硫酸塩

内容量

20g

ブランド

グラクソ・スミスクライン

効果効能

アトピー性皮膚炎 接触性皮膚炎 主婦湿疹(手湿疹) 発疹 じんましん   虫さされ(じゅくじゅくした炎症があるもの) 円形脱毛症 乾癬など

注意事項

炎症がないところに塗らないようにしましょう。 緑内障などのおそれがあるのでまぶたに塗らないようにしてください。 皮膚感染を伴う湿疹・皮膚炎には使用しないでください。 大量または長期の広範囲にわたる使用はやめましょう。

レビューを書く

注意: HTMLタグは使用できません!
    悪い           良い



関連カテゴリ

関連キーワードで検索: ステロイド剤, ステロイド, ステロイド剤, ベトネベート, ベトノベート, リンデロン, アンテベート, デルモベート, しっしん, 湿疹, 皮膚炎, かぶれ, あせも, じんましん, とびひ, 虫さされ, しもやけ, アトピー性皮膚炎, アズノール