コスメライトクリーム 1箱

2%ハイドロキノンと0.025%トレチノイン配合の部分用シミ取りクリームです

  • ¥2,980


メーカー正規品のみの取り扱いを保障いたします


極端に低価格なコピー品にはご注意ください

コスメライトクリーム 1箱 の商品詳細

コスメライトクリームには2%のハイドロキノン、0.025%のトレチノイン、0.1%のモメタゾンフランカルボンサンエステルを含む、部分用シミ除去クリームです。 ハイドロキノンは医療用の強い美白剤です。 国内では商品への2%までの配合が認められており、それ以上の濃度での配合は医院での処方が必要です。 濃度が高ければ良いわけではなく、5%を超える濃度のハイドロキノン剤は動物実験での発がん性を示唆されています。そのために適した濃度での使用が推奨されています。 ハイドロキノンはメラニンを合成する酵素であるチロシナーゼを働かせないようにします。 またメラニンが産生される場所であるメラノサイトの活動を弱めます。 これらの働きでメラニンを減少させます。 トレチノイン外用剤は国内では承認されていません。 トレチノインは皮膚の角質を強力に剥離させターンオーバーを促す医薬品です。 また表皮細胞の生成を促進します。 強力に角質を剥がして入れ替える事で、すでにあるメラニンを含んだ細胞を新しく作られる細胞と入れ替えてシミを軽減します。 モメタゾンフランカルボン酸エステルは、国内では0.1%濃度のものがフルメタ軟膏として医療用に処方されているステロイド外用医薬品です。 ハイドロキノンとトレチノインの作用により、皮膚の角質を強力に剥離させるため皮膚が炎症をおこしたような状態になる場合があります。 ステロイド外用剤である、モメタゾンフランカルボン酸エステルはこのような炎症の症状を改善します。 ハイドロキノンやトレチノインを使用した後は、皮膚は紫外線のダメージにとても弱くなります。 そのためコスメライトクリームの使用中には、塗布部位へのしっかりとした紫外線対策が必要となります。 またモメタゾンフランカルボン酸エステルを含むため、長期間の漫然とした使用は推奨されません。 顔や皮膚の弱い部位への使用、広範囲への塗布は医師の指示に従ってご使用下さい。

使用方法

通常は一日1回就寝前に、症状が現れている箇所に塗ります。 使用前にマイルドな石鹸で洗い、タオルを擦らずに軽く叩く程度で30分程度皮膚を乾かした状態で使います。 コスメライトクリームは、患部全体を軽くおおう位の量を使います。つけ過ぎると皮膚を刺激することがあるため注意が必要です。 目、口、鼻、粘膜など皮膚が薄い部分への使用は避けて下さい。 使用開始後すぐ症状が一時的に悪化することがありますが、2、3週間後には改善します。 明らかな改善効果が見られるのは6~12週間後となります。

※医師の指示に従ってご使用ください。

副作用

多量に塗ってしまった場合は塗りすぎた部分を綿棒等でそっと取り除いて下さい。そのまま放置すると皮膚が赤くなる、皮がはがれたり(落屑)、水疱、痒みを伴った痛みを生じることがあります。この様な症状が出た場合は直ちに使用を中止して、医師に相談して下さい。

※副作用および使用上のご注意はここに記載の限りではありません。

有効成分

Hydroquinone2%(ハイドロキノン) Tretinoin0.025%(トレチノイン) & Mometasone0.1%(モメタゾン)

内容量

20gm

ブランド

コスメファーマラボラトリー

効果効能

尋常性ざ瘡、しわの改善、皮膚の浅い部分(基底層から表皮)にメラニン色素が異常増殖・色素沈着している肝斑、雀卵斑、炎症後色素沈着、日光黒子(老人性色素斑)などのシミに使われます。太田母斑など真皮性のシミには効きません。

注意事項

症状の程度によって、使用する量や期間が決まります。ご使用は必ず医師の指導のもとで行って下さい。

レビューを書く

注意: HTMLタグは使用できません!
    悪い           良い



関連カテゴリ

関連キーワードで検索: コスメライトクリーム, 美白, シミ, シワ, クスミ, ホウレイ線, トレチノイン, ハイドロキノン, 肝斑