クレストール20mg

クレストールの海外版。国内では展開の無い20mgの高用量規格です。

  • ¥7,480


メーカー正規品のみの取り扱いを保障いたします


極端に低価格なコピー品にはご注意ください

クレストール20mg の商品詳細

クレストールはロスバスタチンという成分を含む医薬品です。 国内ではクレストールとして2.5mg、5mgという規格が承認され販売されています。 クレストール20mgは国内製品と同じく、アストラゼネカ社が製造していますが20mgと国内には無い高用量の規格となっています。 クレストールはコレステロールが合成されるのを妨げる作用を持つ薬剤です。 検査などでコレステロール値として現れる血中のコレルテロールの濃度を下げるためには、現在では2つの治療のアプローチがあります。 1つは体内でコレステロールが合成されるのを妨げる方法であり、もう1つは食事などから摂取したコレステロールが体内に取り込まれるのを妨ぐ方法です。 クレストールは2種類の方法のうち、コレステロールが体内で合成される事を妨ぐアプローチの薬剤になります。 クレストールの成分であるロスバスタチンは、HMG-CoA還元酵素阻害剤と呼ばれるグループの成分です。 肝臓では糖質や脂質、蛋白質などを原料にアセチル‐CoAからコレルテロールが合成されます。 このコレステロールの合成にはHMG-CoA還元酵素という酵素が必要です。 クレストールはHMG-CoA還元酵素の働きを妨げる事で、体内でコレステロールが新たに合成されるのを防ぎます。 これによって血中のコレルテロールの濃度を下げる事が出来ます。 クレストールは肝機能の障害のある方の使用、妊婦や妊娠しているかもしれない方の使用には適していません。 クレストールの服用によって稀に横紋筋融解症と呼ばれる重篤な作用が現れる場合があります。 横紋筋融解症の初期症状には、異様に酷い筋肉痛や脱力感、血尿などがあります。そのような症状が現れた場合には服用を中止して必ず医院への受診が必要となります。

使用方法

クレストールを、1日1回1錠夕食後に服用します。 飲み始めは2.5㎎から開始し、症状や医師の指示により1日最大20mgまで増量できます。 当薬は1錠辺り20mgのため、小さく割って服用します。

※医師の指示に従ってご使用ください。

副作用


※副作用および使用上のご注意はここに記載の限りではありません。

有効成分

ロスバスタチン20mg

内容量

30錠

ブランド

アストラゼネカ

効果効能

高コレステロール血症 家族性高コレステロール血症

注意事項


レビューを書く

注意: HTMLタグは使用できません!
    悪い           良い



関連カテゴリ

関連キーワードで検索: 高血圧症, クレストール, 高コレステロール血症, CRESTOR, 高脂血症, 脂質異常