アロマシン

国内アロマシン同成分の医薬品。閉経後の方の乳癌の治療に。

  • ブランド:
    ファイザー
    (Pfizer)
  • 獲得ポイント: 91

  • 入荷状況: ご購入商品は入荷次第、発送いたします。
  • ¥9,180


メーカー正規品のみの取り扱いを保障いたします


極端に低価格なコピー品にはご注意ください

アロマシン の商品詳細

アロマシンはエキセメスタンの成分を含む医薬品です。国内ではアロマシンとして承認され処方されています。 国内処方薬のアロマシンは25mgの用量の規格です。このアロマシンは国内の規格と同容量の成分を含んでいます。 アロマシンは閉経後の方の乳癌の症状の軽減に用いられます。 アロマシンはアロマターゼ阻害薬と呼ばれるグループの薬剤です。 乳癌の症状は女性ホルモンである卵胞ホルモン(エストロゲン)の作用により悪化する事がわかっています。 卵胞ホルモン(エストロゲン)の体内での生成には2つのルートがあります。 卵胞ホルモン(エストロゲン)の多くは卵巣から分泌されています。 一方で、男性、女性の性差を問わず副腎皮質からは男性ホルモン(アンドロゲン)が分泌されているのですが、この男性ホルモン(アンドロゲン)にアロマターゼと呼ばれる体内の酵素が作用する事でも卵胞ホルモン(エストロゲン)が合成されています。 閉経に伴って卵巣の機能が低下すると卵巣からの卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌は急激に減少します。 その一方でもう1つのルートである男性ホルモン(アンドロゲン)からの卵胞ホルモン(エストロゲン)の合成の割合が上昇します。 アロマシンは男性ホルモン(アンドロゲン)からの卵胞ホルモン(エストロゲン)の合成を促す酵素であるアロマターゼの働きを妨げる薬剤です。 この作用によってアロマシンは閉経後の方の体内で卵胞ホルモン(エストロゲン)が合成される事を妨げ、乳癌の症状の悪化を改善します。 妊娠または妊娠している可能性のある方、授乳中の方の使用には適していません。

使用方法

通常、初期または進行性乳がんの患者は、1日1回1錠を食後に服用してください。

※医師の指示に従ってご使用ください。

副作用

多汗、しびれ(感)、めまい、頭痛、知覚障害、不眠(症) 副作用および使用上の注意はここに記載の限りではありません。

※副作用および使用上のご注意はここに記載の限りではありません。

有効成分

Exemestane(エキセメスタン)25mg

内容量

30錠

ブランド

ファイザー

効果効能

閉経後乳がんの再発抑制

注意事項

妊婦または妊娠している可能性のある人、または授乳中の人はアロマシンを絶対に服用しないでください。

レビューを書く

注意: HTMLタグは使用できません!
    悪い           良い



関連カテゴリ

関連キーワードで検索: アロマシン, 乳がん, 閉経