アナフラニール10mg(クロミプラミン) 30錠

国内アナフラニール同成分。うつ症状の改善に。

  • ブランド:
    ノバルティス
    (Novartis)
  • 獲得ポイント: 34

  • 入荷状況: 在庫残りわずかです。お急ぎください。
  • 在庫数 : 45
  • ¥3,480


メーカー正規品のみの取り扱いを保障いたします


極端に低価格なコピー品にはご注意ください

アナフラニール10mg(クロミプラミン) 30錠 の商品詳細

アナフラニールはクロミプラミンの成分を含む医薬品です。 国内ではアナフラニールとして承認され処方されています。国内のアナフラニールは10mg、25mgの2種類の規格で展開されています。このアナフラニールは国内の10mgの規格と同用量の成分を含んでいます。 スイスの製薬メーカーであるノバルティス社が製造しています。 アナフラニールは服用する事でうつ病やうつ状態を改善します。 また遺尿症やナルコレプシーの症状の改善のために用いられる場合もあります。 うつやうつ状態の症状には、セロトニンとノルアドレナリンの濃度が脳内で大きく低下している事が関わっていると考えられています。 脳内で神経細胞と神経細胞の繋ぎ目部分での信号の伝達に用いられる物質は神経伝達物質と呼ばれています。 セロトニンとノルアドレナリンは神経伝達物質ですが、特に意欲に関する情報を伝える機構に深く関わっていると考えられています。 セロトニンやノルアドレナリンの濃度低下によって、意欲を伝える信号の伝達が充分に行われなくなりうつ病やうつ状態の症状が起こります。 神経の末端から放出された神経伝達物質は、伝達に用いられなかった分が再び神経内に取り込まれ再利用されます。 アナフラニールはこの再利用の為に神経内に神経伝達物質が取り込まれるメカニズムを妨げる事で脳内でのセロトニンやノルアドレナリンの濃度を上昇させ、うつやうつ状態の症状を改善します。 緑内障の症状のある方、心筋梗塞の治療中の方、尿閉の症状のある方、セレギリンを服用している方の使用には適していません。 てんかんや痙攣の症状のある方の服用は症状に応じて医師により判断されます。 またまれに服用によりうつ症状の悪化がおこる場合があるため、服用中は定期的な受診が必要となります。

使用方法

成人の場合、1日に25mgの服用から始め、2週間かけて1日100mgの服用まで増量します。 服用に伴う胃腸関連の副作用を抑えるため、食事と一緒に数回に分けて服用します。 服用開始2週間後、徐々に服用量を増量して最大250mgまで増量します。 ナルコレプシーの場合、成人で通常クロミプラミン塩酸塩として1日10~75mgを1~3回に分けて服用します。

※医師の指示に従ってご使用ください。

副作用


※副作用および使用上のご注意はここに記載の限りではありません。

有効成分

Clomipramine Hydrochloride(クロミプラミン塩酸塩)10mg

内容量

30錠

ブランド

ノバルティス

効果効能

うつ病やうつ病を伴う慢性痛、および強迫性障害、パニック障害などの治療 遺尿症、夜尿症、頭痛や神経痛

注意事項


レビューを書く

注意: HTMLタグは使用できません!
    悪い           良い



関連カテゴリ

関連キーワードで検索: アナフラニール, クロミプラミン, うつ, うつ病, , 抗鬱剤, 抗うつ剤, パニック障害, 不安障害, リタリン, デプロメール, ルボックス, 抗うつ薬, 非定型うつ, 非定型うつ病